遺産相続税土地、相続する前に市場の価格を知り判断する

はっきり言って遺産相続税というのは本当にわけのわからない税ですね。 財産を相続した時にどのくらいの相続税がかかるのかは“財産を相続したとき国税庁”を みてもらえればと思いますが、そもそも、相続したその土地はそのまま住み続けるとか 活用をすればいいと思いますが、土地となると放置してしまう可能性は高いのではないでしょうか。何かに利用をするとか、相続税を支払っても生活に支障がないというのであればそのまま相続してしまっていいのかと思います。

ただ、土地を使う理由もない手入れもできないという場合は 一度一括査定をされてみてはいかがでしょうか。 ネット経由で多くの不動産会社が土地の値段を査定してくれるので トップで紹介している不動産売却前に あなたの不動産の査定額が沢山わかるサイト達から無料の査定依頼を出してみて、まずどの程度の価格で 売ることができるのか。ということを知ってみては?と思うのです。

実際に買い取られる価格は不動産屋さんによってもだいぶ変わるので 査定されてある程度の目安とするのもよし、一番高い査定額を出してきた 不動産会社さんに相談して価格をしっかりと出してもらうなどもいいかと 思います。

そこから売るのか、売らないで所有しておくのかを考えたほうが 現実的かと思うのです。そもそも遺産相続税というのは無くていいですよね。 土地とか不動産とかにまでそういうことしてくるってなんなんでしょ。 疲れますよねほんとに。

土地に限らず不動産であれば査定、売却できます

また補足ですが土地の場合活用方法がないのに…というケースが非常に多いのかなと 思いこの記事を書いているわけですが、当然土地だけではなく不動産(マンション、一戸建て、ビル…etc)であれば査定後売却ができるので同様に遺産相続で、相続しても 活用しないとかであれば使ってみるのも良いかと思います。 ほんとにこれに関しては不動産であれば何でもいけます。例えば売りずらい“狭小地物件売却”に成功した人もいるくらいですから。

ただ、税金だけの問題ではなく愛着があり残しておきたいというのは あると思うのでなにも活用目的がなくても相続しておく方もいるかとは思います。

また繰り返しになってしまいますが、だから相続税ってホントにいらない税ですよね。 なんとかならないもんかな。。。