狭小地物件売却は意外と高値で売れるかも

買った時は良かった狭小地。時代が変わるにつれて周りに家が建ち、当初考えていなかったよりも使い勝手が悪い。容積率などの兼ね合いもありリフォームを請け負ってくれる業者もなかなか見つからない。という八方ふさがりな狭小地物件ですが売却はできるでしょうし、むしろ欲しいという人はいるはずです。

変に自分が持っている狭小地に価値がないと決めつけず 査定依頼を出してみることが大事なのではないでしょうか。 日本全国の不動産会社に査定依頼を出すのが一番だと思いますので トップページで紹介している不動産売却前に あなたの不動産の査定額が沢山わかるサイト達のいくつかを使ってみることをお勧めします。

狭小地の売却に成功したよという人も少なからずいますので 試してみることが重要ですよね。無料なのでリスクもないですし。

譲渡するのか解体するのかで雲泥の差?

その家になんらかな問題を抱えていて、その問題はあなたにとって 問題かもしれませんが、そこに新たに住む人にとっては問題がない可能性があります。 大体、古くたって住めれば全然OKとか安くその地域でどうしても分譲物件が ほしいとか、人によって希望条件は違うと思います。

誰しもがキレイで最新の設備で所謂一般的な良いマンションや一戸建てに住みたい と思っているわけではないのではないでしょうか。いや私はそっちのほうがいいですけど。 でも結構、住むというのは幅広い目的があり、予算とか諸々の兼ね合いがあるので 自分だけの価値観で、価値を決めてしまうのはもったいないです。

それましたが、狭小地を売却しない場合どうするかという時に まあそのまま住む場合は良いのですが、すまない場合は手放さないと いけない状態がくると思います。売却、譲渡以外と考えると、解体する という選択になってくると思いますが、解体費用も通常1坪数万円という 単価とられてしまいますし、狭小地ならではで解体がしずらいとなると 上乗せということもあり得るでしょう。

まあまずは査定を出してみて買ってくれるところがあれば検討する という方向で進めてみるのが一番だと思いますね。